テンカラ釣り -関東・秋川-

関東 東京の秋川をホームにテンカラ釣りを楽しんでいます。テンカラの釣り方や、秋川の解禁情報なども発信していきます。まだ、地に足が付いてないテンカラではありますが、お付き合いいただければ幸いです。

毛鉤ケース

木製の毛鉤ケース「深型」を自作しました!

更新日:

自作した深型の木製の毛鉤ケース

底の部分を彫るのが大変だったり、金具の取り付けでまた少しやらかしたりとありましたが、2個目ということもあって、楽しみながら作れました。しかも、自分的にはうまくできました。

今回は、小さい毛鉤やストック用の毛鉤を格納できるように、深型の木製の毛鉤ケースを自作しました。

材料を揃える

材料

ムラウチホビーで木と丁番を買ってきました。木でさんざん悩みましたが、端材にしました。本体になる木はほどよい大きさでしたので、このまま彫ります。蓋は少し大きいので、ノコギリで切ってから使います。

木を深く彫る

木を深く彫る

前回の浅型と同様に、ドリルで穴をあけて、彫刻刀で彫り、サンドペーパーをかけてます。2個目なので彫る作業はなんてことないですが、深いので底の部分を彫るのが大変でした。ペーパーをかけまくって綺麗にしようとも思いましたが、自分で使うだけなので、でこぼこのままでOKにします。

ニスを塗る

ニスを塗る

ニスを塗るとそれっぽくなりますね。ここが一番楽しいです。ニスを塗ってペーパーをかけ、仕上げにもう一度ニスを塗ってます。

丁番と磁石を取り付ける

丁番と磁石を取り付ける

前回の浅型ではここを雑にやってしまい、蓋が思いっきりずれてしまいました。今回は丁寧にやりましたが、少し失敗しました(涙。でも、自分で使うには気にならないレベルなので、OKです。

仕上げにハンコを押す

ハンコを押す

裏に消しゴムハンコを押しました。1個目も裏に押しましたので、これも裏に押しました。表に押せばよかったな..と。

これで完成です!自分的にはうまくできました~。

自作した深型の木製の毛鉤ケース

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-毛鉤ケース
-, ,

Copyright© テンカラ釣り -関東・秋川- , 2017 All Rights Reserved.