テンカラ釣り -関東・秋川-

関東 東京の秋川をホームにテンカラ釣りを楽しんでいます。テンカラの釣り方や、秋川の解禁情報なども発信していきます。まだ、地に足が付いてないテンカラではありますが、お付き合いいただければ幸いです。

便利な道具

話題の「シンドラー ライブバッグ」をご存知ですか?魚の撮影の必需品になる予感

更新日:

Live Bag(ライブバッグ)は、魚を傷つけることなく移動できるバッグで、これから釣り人の必需品になるであろう優れたアイテムです。

そのライブバッグはハンドメイドルアーの専門店であるシンドラーさんが作成されていて、他にシンドラーコーンなども評判で有名です(なぜかルアーと関係ない)。私はテンカラでルアーはやっていませんが、シンドラーさんにはSNSでお世話になっています(片思い)。

SNSでライブバッグが話題なっていたので存在は知っていましたが、具体的にはどんな商品なのか、買えるのか?買えるならどこで買えるのか?と思っていたところ、SANSUIさんから発売されていると知ったのです。ライブバッグの説明も詳しく載ってます。

sunsui-LiveBag
SANSUI - シンドラー / Live Bag

魚を傷つける事なく生かしておく為に生み出された携帯用魚入れがシンドラーライブバッグです。記憶に残る魚は綺麗に写真に収めたいもの。今まで当たり前に使われてきたストリンガーでは口元やエラに傷つき魚へのダメージは計り知れない上に、魚を移動させる事が困難でした。そこでシンドラーライブバッグは袋に入れて魚をストックする方法を採用しました。袋には水抜きの穴を空けてあるので水の中に漬けておけば外から絶えず新鮮な水を供給出来ます。また、袋の下部には水を貯めておける高さを設けている為、魚を弱らせる事無く写真を撮り易い場所まで移動する事が可能です。更に携帯に便利と言うのも嬉しい所。折り畳んでおけば場所もとらず釣行の際は一切邪魔になりません。ライブバッグは魚を傷つけたくない、綺麗に魚を写真に残したい方の新常識です。

SANSUI - シンドラー / Live Bag」より

ただ、ビニールに穴があいてるだけ、といえばそうなのかもしれませんが(汗、「ビニールに穴をあけて魚の移動に使おう」と考えたシンドラーさんに称賛です。

前々回の釣行で、魚が釣れてタモに入れて写真を撮ろうとしたら、魚が光ってしまってうまく撮れなくて、撮影に適した場所を探して魚をタモに入れたままあちこちウロウロしました。でも、そんな状態で移動できるところはたかが知れていて、結局は光ったまま撮りました。綺麗な魚だったんですけど、ちょっと残念です。ライブバッグを持っていたら、ライブバッグに移動して撮影すれば、綺麗に撮れたのかもしれません。

それに、子供と釣りに行く時、子供に釣れた魚を見せるために魚籠やバケツに入れますが、魚籠ではよく見えないし、バケツでは子供が触ろうとして飛びだすし、それよりも、どちらも上からの姿しか見えないんですよね。そして、、そんなことやってるうちに魚は死にますし・・・。こんな場面でもライブバッグが活躍したかもしれないですね。

SANSUIさんから発売されたなら、もしかしたら楽天やAmazonでも扱いが始まったかな?と思って検索してみたら、ありました!

楽天:シンドラー Live Bag ライブバッグ M サイズ【撮影用移動バック】

raku1

(2014年4月16日現在)売り切れ!なんちゅう人気ですか!!

「シンドラーさ~ん、早く作って~。シーズンが終わっちゃうよ~。」という声がたくさん聞こえてきそうです(笑。

入荷したら一つ買って使ってみようと思います。これを持って子供と釣りにいって、魚をよく見せてやりたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-便利な道具
-, ,

Copyright© テンカラ釣り -関東・秋川- , 2017 All Rights Reserved.