テンカラ釣り -関東・秋川-

関東 東京の秋川をホームにテンカラ釣りを楽しんでいます。テンカラの釣り方や、秋川の解禁情報なども発信していきます。まだ、地に足が付いてないテンカラではありますが、お付き合いいただければ幸いです。

防寒対策

手の防寒対策に手袋のインナー、「濡れたらどうなる?」という重要な話

更新日:

以前の記事に小次郎さんよりコメントを頂きました。
(ありがとうございます。的確なご指摘、いつも感謝しております。)

手の防寒対策に、手袋のインナーはどうだろう

おそらく濡れた後がありえないほど冷えると思いますよ!
基本濡れること前提で考えると水切の良い素材を選びたいです

濡れないように防水の手袋!で調べ始めたのですが、あの手袋のインナーを見つけて、「防水」はどこかにいっちゃいました(汗。

そして、ネオプレーンを調べていたら、どれも2,000円~3,000円で、ちょっと「高いな~」と思っていたら、インナーが1,000円ちょいで安く感じてしまってポチったわけです。安いと思いましたけど、普通の手袋って数百円ですよね(汗。

やっちまいました~。すでに注文しちゃいました。でも、諦めません!(笑。コメントいただいて「しまった!」と思いましたが、電車の中で考えること20分くらい、使う理由を思い付きました(笑。

[案1]

今週末の予定のスキーで使う。

[案2]

この「TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ヒートインナーグローブ」のシリーズには、なぜか3本切りと5本切りしかなく、切ってないインナーがないのです(なぜ?)。ないのならと、3本切りを注文しました。

これがある意味良くて、キシノさんに頂いたネオプレーンの手袋は3本切りと同じく3本の指を露出できます。なので、インナーの上に頂いたネオプレーンの手袋をすれば、指3本を露出できるわけです。

すると、なんと、指3本は濡らしてもいいことになります!(偶然の産物)使い方はこうです。釣れる→タモに取り込む→指3本を露出する→指3本のみで魚を外す→指を拭く→指を手袋に収める。ただし、現実はこうです。釣れない→濡れない。

ようは、手を濡らさないように使ってみます!

あとは、温かいかどうか、防寒対策になるかどうか・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-防寒対策
-, ,

Copyright© テンカラ釣り -関東・秋川- , 2017 All Rights Reserved.