テンカラ釣り -関東・秋川-

関東 東京の秋川をホームにテンカラ釣りを楽しんでいます。テンカラの釣り方や、秋川の解禁情報なども発信していきます。まだ、地に足が付いてないテンカラではありますが、お付き合いいただければ幸いです。

2018年 テンカラ釣り日記

エルクヘアカディスを沈めて釣ってみたの巻

更新日:

4月25日(水)

ちょっと考えてたことがあります。

やってみたいことがあって、しかも大雨で、大雨で水が増えただろうし。

ってことで、川に行ってテンカラ振ってきました。

突然ですが、私、どうしても、「毛鉤を沈めて釣る」というのが苦手です。

テンカラとは本来、毛鉤を沈めて誘いを入れて釣るものですよね。

でも、私はそれが苦手で、ドライフライのエルクヘアカディス(ドライフライ)を長年使ってるのです。

SAKURAのテーパーラインを使って、SAKURAの別誂金剛を使って、テンカラ毛鉤を使って、沈めて誘って、バシッと釣ってみたいな~、と長年思ってます。

なら、なんでやらないのか?

それは、釣れる気がしないからです。

たまに毛鉤を沈めて誘ってみてますけど、まったく釣れる気がしません。

まあ、ちょこっと毛鉤を変えて少しやってみたところで、釣れるわけがないですよね。

テンカラ毛鉤を使って、毛鉤を沈めて、誘って釣れないものかと、長らく思ってます。

そこで、エルクヘアカディス(ドライフライ)を沈めて釣ってみたらどうかと考えました。

無理に沈めるのではなく、沈んじゃったらそのまま沈めて釣ろう、って漢字です。

今回は、フロータントを使わずに、エルクヘアカディスが沈んだらそのまま釣ってみました。

浮いてる毛鉤に小型が出て1匹。

毛鉤が少し沈んで小型が1匹。

毛鉤が完全に沈んでラインの動きで合わせて小型が1匹。

その後もラインの動きで合わせて小型が数匹。

中~大型は出ませんでしたが、毛鉤を沈めて数匹釣ることができました。

エルクヘアカディスを沈めて釣って慣れてきたら、テンカラ毛鉤も試していこうと思います。

今回はレベルラインを使ったけど、テーパーラインを使えば釣りやすいかも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-2018年 テンカラ釣り日記
-, , ,

Copyright© テンカラ釣り -関東・秋川- , 2018 All Rights Reserved.